釣れなくてもピースだ!コノヤロー!

ソルトルアーfishingを中心に、音楽、ファッション、スケートボード等もmixしたクロスオーバースタイルなブログです。

釣り人恐怖体験番外編

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:stilo01:20200805213005j:plain

さて、今夜も恐怖体験のお話し。

暑い真夏の夜にゾクゾクして下さい。。。。。。。。。。(・・;)

今から十数年前。

時期はお盆。

その日は、早朝暗い内からとある地磯へ仲間とエントリー。ショアジギングにて青物狙い。

朝の暗い内から休憩も無しで、太陽が昇り出した9時ぐらいまでロッドを振り続けていた。

しかし期待に反してノーバイト。

そして少し磯を歩いて移動。

そこは、斜め前に小さい島がある。地磯から100mぐらい離れているだろうか。

すると、そこの島には若い大学生風のグループが、10人ぐらいで泳いでいた。

多分、そこの島まで泳いで行ったのだろう。

僕らは特に気にせず釣りをしていた。

数時間たった頃か。

休憩していると妙な光景が。

対岸の島に渡っている若者のグループと思われる1人が、明らかにみんなとはぐれている。

いや、流されている感じだ。

流されている若者はゴムボートに乗っている。

僕は頭は悪いが視力は良い。

肉眼で見る限り、ボート上で寝ている?いや倒れている?とりあえず起きてはいない。

ゆっくりではあるが確実に11時の方角へ流されている。

釣り仲間と2人で、

『おーい‼️おーい‼️』

とひたすら叫ぶ。

ボート上の彼は反応しない。

変わりに反応したのは若いグループの連中。

気がついていないのか、僕らに楽しげに手を振り返してくる。

僕等の必死の形相やジェスチャーが伝わったのか、ようやく仲間が流されているに気づく。

みんな大慌てで彼のもとに。もう一つゴムボートがあって良かったなと。

彼等が遊んでいる島から80mぐらい沖で彼を救出。

なんとかゴムボートを島まで引っ張って来て、無事を確認。見ていた僕らも一安心。

すると若者グループの1人が、お礼を言ってきた。

そこで話を聞くと、誰1人流されているのに気がつかなかったらしい。

周りにはその若者グループ以外に泳いでいるひとはおらず。

流された本人も急に睡魔がきて、何かに呼ばれるような感じで寝てしまったらしい。

もし、僕らが気づいてなければ。と思うと今思い出すだけでもゾクッとする。

時期はお盆。

さらにその釣り場は、過去に何人もの釣り人が落水して、命を落としている場所。

まあ、見えない何かの力によって、流されたのか? 見えない何かの力によって、漂流に誰も気づかなかったのか?

あっちの世界に呼ばれる寸前だったかもしれない。

最後に。

僕は心霊現象と言われる出来事には、遭遇したことも無いし、見たことも無い。 だから半信半疑の所もあるけど、世の中には不思議な出来事ってあるからね。。。。

都市伝説的な話にはなるけど、僕が経験したゾクッとする今夜の記事でした。

さあて、今夜も熱帯夜かな。

里山で感じる日本の夏

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

先日、ドライブがてら能勢方面へ。

暑いのが嫌いなので、のんびりと落ちつける場所を探し求めての流れ。

自宅を出発する頃にはすでに30度越え。。。。。。。

f:id:stilo01:20200804203153j:plain

とりあえずエアコンをガンガンにきかす。

1時間ほどで能勢に到着。

f:id:stilo01:20200804203814j:plain

最初に妙見口の駅前へ。

駅前のお店で興味深々な食べ物を発見‼️

f:id:stilo01:20200804205033j:plain

猪フルト🐗 一本300円也。

見た目はコンビニで買えるフランクフルト的な感じなのだが、食べてみると全く違う。

若干歯応えがあり、肉汁が凝縮されていて ビールのお供に🍺最高の一品だなと。

まあ、当日は運転だったのでビール🍺は飲めず。。。。💦

で、猪フルトで小腹を満たして子供達のリクエストである川遊びへ。

f:id:stilo01:20200804205314j:plain

f:id:stilo01:20200804205452j:plain
山水は冷たい

f:id:stilo01:20200804205535j:plain

人もそこまで多く無く、たっぷりとマイナスイオンを浴びてリフレッシュ。

夕方前になるとヒグラシがカナカナ♪と美しい音色を響かせる。

ホント、ヒグラシの鳴き声は昔から大好きなのだ。

f:id:stilo01:20200804205921j:plain

自然は海も山も最高だ。僕の中での最高のパワースポット。

今年の夏は今までの夏みたいな夏遊びが出来ないけど、こんな時代だから余計に自然に癒されたくなるな。

釣り人恐怖体験、、、、、、、

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

暑い夏の夜に、、、、

僕は幽霊というのを見た事が無い。

だから、存在自体に対して否定的な考えである。しいて言うならね。

反面、やっぱり居るのかな?って思う時も稀にあるのも事実である。

自分で見たら変わるだろうし。

今回の話は僕の釣り仲間が最近経験した話を書こうかな?と。

f:id:stilo01:20200731223752j:plain

夜の堤防に、、、

僕の釣り仲間は長期で地方に出張中。

たまたま滞在先のホテルから海までも近いらしい。

当然の如く、かれも相当な釣りバカ。仕事での長期出張とはいえしっかりと釣り道具も持っていってる所は流石である。笑

夕方に仕事を終わらせ、そのままフィールドへ行き、夕まずめを狙い撃つ。

そんな、仕事後に釣りというルーティンをこなしていたある日の事。

その日は釣り仲間🅰️君と、地元の常連らしき年配の釣り人と2人だけ。

いつも通り夕まずめ狙い。

その日は魚の活性が良く楽しい釣りが出来ていたらしい。

気がつけば辺りは薄暗くなっている。。。

もう帰ろうか。と思ったタイミングで少し離れた場所に親子連れが来たらしい。

いや、気がつかないうちに来てたみたい。

そこは堤防とテトラポット

人が入ってきたら分かる場所らしいのだが。。。。。

若干の気味悪さを感じたらしいのだが、最後5分だけ釣りして帰ろう!との気持ちが強く、親子の存在も忘れ再度釣りに集中。

五分を過ぎ、何気に横を見ると親子連れの姿は無い。

あれ?おかしいな?帰った形跡も無いしな。。。。と。

で、薄暗いテトラの先端に目を凝らしていると、今度は全身黒づくめの背の高い男性が立っていたらしい。

ただ、全体がボヤけて見えるらしい。

その男性が見えた瞬間に、🅰️君の全身に寒けが走り

思わず

うわ!怖ツ‼️

と声が出てしまったらしい。

その声を聞いていた年配の釣り人は、🅰️君の方を向いたまま顔色が変わっていったらしい。

🅰️君の背後に何か見えていたのか、それとも何か言いたかったのか。

ただ、我先にと片付けを済ませ足早に帰って行ったとの事。

🅰️君もかなり恐怖心が出て来て、堤防の先端を見る事無く足早に釣り場を去った。

後日談

つい先日に、今回書いた話を電話で聞いた。

そして電話中。

電話の向こうでひたすらパチ、パチ、パチと音が聞こえる。

ライターをつける音のような感じ。

けど、彼はタバコは吸わない。

あまりにも気になるから🅰️君にその音何?と。 けど彼には全く聞こえないって言う。

🅰️君は急にマジな声でこう言った。

ヤバイ。変なモノを連れて帰ってきたかも?ってね。

その矢先に通話が途切れた、、、、、、、、、

最後に

通話が途切れてから🅰️君に連絡はしていないので、近くまた連絡をとってみようかなと思う。

結局のところ世の中には不思議な話が沢山あるなと。

ちなみにあの日以降、🅰️君は恐怖心からなのか釣りには行って無いらしい、、、、

山はイージー夜はスキルフル

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

昨日は雨の間を見計らい山あいの公園へ。

子供達は人工の川で遊ばせ、その間僕は昆虫採集。

樹液たっぷりのクヌギを発見。

いました。クワガタ。

f:id:stilo01:20200725094608j:plain
ノコクワ

f:id:stilo01:20200725094752j:plain
木とコケのコントラストが素晴らしい

f:id:stilo01:20200725094957j:plain
鹿のフンが沢山。

f:id:stilo01:20200725095121j:plain
雨上がり

昼の部は終了。

夜は夜中に激しい雨が止み、シーバスへレッツゴー。

とある河川の水門へ。

良い感じに流れが有り、イナっこ大量。

で、ボイル祭り。

しかし、

ルアーにはかすりもしない。。。。。。。。。。。。。。。

あの手この手で攻めるも、ボイル祭りに参加出来ず。。(T . T)

そして退散。

そんな感じの三連休の初日。

さあ、釣り具メンテでもしよう。

ピース。

梅雨の夜遊び

f:id:stilo01:20200724114730j:plainにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

今年も暑い。暑すぎる。

苦手な季節である夏。

梅雨も明けていないからジメジメMAXなのもきつい。

まあ、夏=海=水着ギャル👙

そんな事を思う男子は少なくないだろう。笑

おっと、話が脱線しそうなので元に戻そう。コマゲン❗️

f:id:stilo01:20200724084231j:plain
今日も暑い1日になりそうです♫

この所毎週都市型河川の中流域へとシーバス調査。

しかし、なかなかヒットしない、、、、、、、

他の場所へ行けば良いのだが、どうしてもそこで釣りあげたい❗️と意固地になってきて。笑

で、昨夜も釣友と現場へ。

f:id:stilo01:20200724090617j:plain

流れは下げが効いていて良い感じである。

ベイトは無数のハク。

ボイルこそ無いが、たまにシーバスに追われているのだろうか。ハクが水面を逃げ惑う光景が視界に入る。

マリブ78のクリアカラーをチョイス。

ルアーを流れに乗せ、明暗の奥にテンションフォールで流し込む。

すると、フォール中にドン🐟

カッコ良いエラ洗いを見せてくれ、やり取り中もテンションを上げてくれる。

足下に来てもグングン引っ張ってくれる元気なシーバス。

ただ、結局これだけ。。。。

下げの潮のはずが、込み潮が効いてきていつの間にかベイトが消え、終了。

うーん。今夜も行こうか明日の早朝に青物行こうか迷うな。

家族に白い目で見られるのは確定だな。

それでも俺らは釣りに行く🎣

f:id:stilo01:20200724114912j:plain

城下町に君臨する聖地

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

水の都島根県松江市。山陰の小京都と言われるぐらい、情緒溢れる城下町だ。 f:id:stilo01:20200621080246j:plain

国宝に指定された松江城松江城の周りの堀川を巡る堀川遊覧、松江温泉、お隣の出雲には縁結びの神様で有名な出雲大社など。沢山の観光スポットがある。

後は、海。 県外からきた人はビックリするぐらいの透明度。

f:id:stilo01:20200621075825j:plain
半端ない透明度に青い海

そして松江と言えば宍道湖宍道湖と言えばシジミか夕陽。

f:id:stilo01:20200621080537j:plain
地球の神秘

釣りをしない人であれば、上記に書いたイメージだろう。

だが、我々釣り人で特にシーバスアングラーからすると上記のイメージとは全く違う。

松江=宍道湖、大橋川、中海。=シーバスフィッシング🎣となるのだ。笑

宍道湖、中海、それらを繋ぐ大橋川は三大聖地ともいわれるぐらい、シーバスの魚影がとんでも無く濃い。 f:id:stilo01:20200105123038j:plain

だから、週末や大型連休ともなると県外から多数のシーバスアングラーがやって来ている。 遠征に行く価値があるフィールドなのだ。

現在僕が住む関西でのシーバスと松江シーバス。魚影の濃さの違いが手に取るようにわかる。

何故魚影が濃いのか?

中国山地から、ミネラル豊富な山水が宍道湖や中海等に注ぎ込んでおり、栄養素たっぷりな場所となっている。

・上記の恩恵を受け小魚が豊富。更に汽水湖の為、色んな魚達が生息している。 シーバスのベイトとなる、ワカサギ『現在絶滅寸前』、ハゼ、トウゴロウイワシ、コノシロ、サッパ、ボラ、サヨリ等。ザックリみてもこれだけいる。

・シーバスが稚魚の時に襲って来るような外敵が少ない。まあ、冬に産卵で日本海に出るのだけど、そうじゃない個体も多いらしいから、そうじゃない個体は中海とかで産卵しているのでは無いのかな?と。

あくまで、これらは僕の想像と自分なりに調べたりした物です。ですので、魚影が濃いメカニズムは分かりません。

ただ、実際にこれらのフィールドに立ちシーバスフィッシングをやってみたらわかる。

『あ!ここスゲー場所だわ。そら聖地って呼ばれるわ。』と。 f:id:stilo01:20200621084701j:plain

数も釣れるし、サイズも出る。とにかくビッグワンを狙うなら最高で最強のフィールド。

f:id:stilo01:20200621085332j:plain
この釣果は真冬のデイゲームにて‼️

真冬のデイゲームで、こんな釣果が出るのだから全国的にも注目されるのは当然の事かもしれない。

まとめ

上記に書いてきた通り、非常に夢のあるフィールドなのだ。シーバスアングラーなら一度は訪れて欲しいなと。

観光もして釣りもして美味しいもの食べて。

まあ、聖地故、釣りをする人も多い。って事は悲しいかな色んなトラブルも増える訳で。。。

最低限のマナーを守って釣りをしていきたい。

最後に。

釣りって素晴らしい。地球の神秘を肌で感じれて、鮮度抜群の魚が食べれる。 僕の中ではno life no fishing。

最高の一本を求めて。 f:id:stilo01:20200621091415j:plain

少し前のバチパターンの巻

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

ブログ自体かなり久しぶりの更新。

全世界で猛威を振るうコロナのせいで釣りの回数も少し減り、アップも控えていた。

今回は大阪湾奥での少し前のバチパターンでのシーバスの話し。

ジアイは日没直後

周りが暗くなってきてヘッドライトが必要なぐらいの暗さ。

バチは確認出来ないのだが、沖の潮目をマニックやニョロニョロでゆっくりとドリフトさせていく。

ジアイなのか毎回あたりがある。

けど、なかなか乗らない。。。。。。。。。。

しばらくして、リトリーブを止めてやるとやっと魚が乗った。

サイズは小さいけど。💦

f:id:stilo01:20200614095034j:plain f:id:stilo01:20200614095241j:plain

まとめ

こんな感じで、約1ヶ月程バチパターンでのシーバスを楽しんだ。

今はバチパターンも終了してしまい、港湾エリアでカタクチが沸いているから、カタクチについたシーバスを追いかける日々だ。

まあ、昨夜は大雨&強風で釣りに行って見事に撃沈。

さあ、今から昨日のタックルの掃除とメンテナンスでもするか。

今度の週末に備えて。