釣れなくてもピースだ!コノヤロー!

ソルトルアーfishingを中心に、音楽、ファッション、スケートボード等もmixしたクロスオーバースタイルなブログです。

後半戦 最終日

 にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

さて、プチ遠征2日目の最終日。前日は米子で呑んで車中泊

車中泊素人である為、ガッツリとした装備も無く全く熟睡出来ないまま朝を迎えた。

恒例のシーバス祭りは?

最終日入ったのは前日と同じ境水道。今回はウエーディングで。

朝の6時半にエントリー。前日の寝不足で体が重く油断したら寝てしまいそうだ。

f:id:stilo01:20200302155653j:plain
大山が綺麗だ。絶景

疲れきった身体に鞭打ってまで釣りをするのは釣り人の性か。。。

やはりこのポイントのキーはベイトフィッシュだ。ベイトが入っていれば高確率で爆釣する。

今回はどうか?

朝一。期待に胸が膨らむ。大潮からの下げ潮。

とんでもなく潮がぶっ飛んでいる。

明石海峡を彷彿させる激流。

40gの軽いジグでは底ボケして釣りにならない。最低60gはいるなと。

手持ちのケースには無かった為、ローリングベイトを選択。

流れのヨレや潮目を狙う。

しかし、期待していた鳥山が出ない。勿論ボイルも皆無。

1時間程、鉄板やバイブ、シンペン等投げるがノーバイト。

ここで、ローカルアングラーに電話するとセイゴがヒットしたと言う。

とりあえず1本欲しかった為、地元アングラーと合流。

隣で撃たせて貰う。

そこは流れが若干緩いエリアで、やはり流れのヨレでのヒット。

しかし、我々にはノーバイト。

その間に地元アングラーはセイゴを2本ヒット。

流石、通年通ってるだけあってポイントを熟知している。

f:id:stilo01:20200302164100j:plainf:id:stilo01:20200302164131j:plain

とりあえず、自分の持っているアクションのやり方、トレースコース、巻きスピード、全てを試したが、ノーバイト。

まあ、釣りってこんなもんか!

と、自分に言い聞かせストップフィッシング。

まとめ

毎年、ここ境水道は真冬になるとシーバス祭りが始まる。真冬で釣り物が少なくなる中、流石の魚影の濃さである。

しかし、今年はその祭りがかなり遅い。

例年なら年末から始まるのだが、今年は正月は絶不調。最近になりようやく本格化した感がある。

それこそ、先週もサワラ混じりでサゴシ2桁、シーバス2桁と爆発しているみたいだ。

けど、釣りには絶対が無いからこそ面白い。

だって、ボウズ喰らって帰路についても、その道中で次の釣行を考えているから。そのぐらい楽しくてやめられない。

『もしもしお疲れ』

『え?今晩?ナイトシーバス?行くわ』

俺は釣りバカ、マダファカ‼️