釣れなくてもピースだ!コノヤロー!

ソルトルアーfishingを中心に、音楽、ファッション、スケートボード等もmixしたクロスオーバースタイルなブログです。

釣り人恐怖体験番外編

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:stilo01:20200805213005j:plain

さて、今夜も恐怖体験のお話し。

暑い真夏の夜にゾクゾクして下さい。。。。。。。。。。(・・;)

今から十数年前。

時期はお盆。

その日は、早朝暗い内からとある地磯へ仲間とエントリー。ショアジギングにて青物狙い。

朝の暗い内から休憩も無しで、太陽が昇り出した9時ぐらいまでロッドを振り続けていた。

しかし期待に反してノーバイト。

そして少し磯を歩いて移動。

そこは、斜め前に小さい島がある。地磯から100mぐらい離れているだろうか。

すると、そこの島には若い大学生風のグループが、10人ぐらいで泳いでいた。

多分、そこの島まで泳いで行ったのだろう。

僕らは特に気にせず釣りをしていた。

数時間たった頃か。

休憩していると妙な光景が。

対岸の島に渡っている若者のグループと思われる1人が、明らかにみんなとはぐれている。

いや、流されている感じだ。

流されている若者はゴムボートに乗っている。

僕は頭は悪いが視力は良い。

肉眼で見る限り、ボート上で寝ている?いや倒れている?とりあえず起きてはいない。

ゆっくりではあるが確実に11時の方角へ流されている。

釣り仲間と2人で、

『おーい‼️おーい‼️』

とひたすら叫ぶ。

ボート上の彼は反応しない。

変わりに反応したのは若いグループの連中。

気がついていないのか、僕らに楽しげに手を振り返してくる。

僕等の必死の形相やジェスチャーが伝わったのか、ようやく仲間が流されているに気づく。

みんな大慌てで彼のもとに。もう一つゴムボートがあって良かったなと。

彼等が遊んでいる島から80mぐらい沖で彼を救出。

なんとかゴムボートを島まで引っ張って来て、無事を確認。見ていた僕らも一安心。

すると若者グループの1人が、お礼を言ってきた。

そこで話を聞くと、誰1人流されているのに気がつかなかったらしい。

周りにはその若者グループ以外に泳いでいるひとはおらず。

流された本人も急に睡魔がきて、何かに呼ばれるような感じで寝てしまったらしい。

もし、僕らが気づいてなければ。と思うと今思い出すだけでもゾクッとする。

時期はお盆。

さらにその釣り場は、過去に何人もの釣り人が落水して、命を落としている場所。

まあ、見えない何かの力によって、流されたのか? 見えない何かの力によって、漂流に誰も気づかなかったのか?

あっちの世界に呼ばれる寸前だったかもしれない。

最後に。

僕は心霊現象と言われる出来事には、遭遇したことも無いし、見たことも無い。 だから半信半疑の所もあるけど、世の中には不思議な出来事ってあるからね。。。。

都市伝説的な話にはなるけど、僕が経験したゾクッとする今夜の記事でした。

さあて、今夜も熱帯夜かな。